『結い市』2017開催のお知らせ

今日は7月7日で七夕。
今夜は珍しくお天気も良さそうなので、綺麗な天の川が見れるといいですねー
さて、僕たち結いプロジェクトは、七夕の日というと一年に一度大事な告知をする日でもあります。
そうです! 今年の『結い市』開催日を皆さんにお知らせする日です!

早いもので今年は8年目となり、様々な新しい試みを企画していますので、今後の展開に大いに期待してくださいね。


今年は10月8日(日)・9日(月祝)の2日間に決定しました!

 

〜今年のテーマについて〜

「街と生活のブリコラージュ」

地場産業や伝統工芸の手仕事は、身体が自然から学ぶ知恵や技の結晶です。

科学のなかった時代に、なぜ人は酒、味噌、醤油をつくる発酵の仕組みを知っていたのか。なぜ蚕の繭が人にとってすばらしい布になることに気づいたのか。

身体で知るのではなく、情報として頭で知ることの多い現代では、そうした先人の知恵に感嘆するばかりです。

でもほんとうは、忘れてしまっているだけで、私たちにもそういう力が眠っている。

今年の結い市では、街につたわる知恵と技を訪れる皆さんと共有して、身体を、手を動かして何かを作りたいと思います。そこに生まれる新しいものは、きっととても個性的で、ここにしかない、ユニークで豊かなものになるはずです。

※ブリコラージュ:フランス語で日曜大工の意味。文化人類学者のレヴィストロースは、設計図をもとに必要な材料を揃えてものをつくる「エンジニア」に対して、「ブリコラージュ」はあるものを利用してものをつくる行為として対比させた。器用仕事、ともいう。地場産業、伝統工芸はブリコラージュの発想を基盤にしているといえる。

『結い市』とは

結いで繋がる「市」

今年で8回目を迎える「結い市」は、結城の歴史的な街並みや地場産業を中心とする営みや暮らしといった街の魅力と、様々な人・モノの縁の結びつきをみんなでつくるお祭りです。

結い市では健田須賀神社の秋の収穫祭にあわせて、神社の境内や見世蔵、酒蔵、空き店舗など、街中の魅力的な空間がマルシェやアート空間、コンサート会場として生まれ変わります。自然と、人の営み全体に感謝する結い市。歴史ある街の魅力と私たちのいまが重なり合うことで、日々の暮らしが透けてみえてくるような特別な二日間。

さあ、今年も楽しい結い市が始まります。

結い市では健田須賀神社をメーン会場に、街中会場、酒造会場、紬問屋会場と4つの会場から構成されます。

結城に馴染みのある商店から、雑貨・小物・カフェやアートなど個性豊かなクリエーター達が出展します。いつもの街の素材を活かしたいつもと違った結城の街。特別な結城の街歩きをしてみませんか?


 【ボランティアスタッフ大募集】

 

また今年も結い市を一緒に創りあげてくれる仲間を募集します。

 

当日の運営サポートはもちろん、結い市当日に向けて様々な準備を手伝っていただける方を大募集!!

内容
「結い市」運営に伴う、運営サポート全般

 

待遇等
1)報酬は支給なし (2)ユニフォーム貸与

 

 

 

申込方法
住所・氏名・年齢・職業・連絡先(携帯番号・メールアドレス)を明記し
下記へお問合せください。

 

㈱TMO結城 結いプロジェクト事務局
TEL/FAX:0296-33-0073 (9時~16時※土日祝休業)

MAIL:info_tmoyuki@emachiyuki.com

 


 

※結い市の出展者のご応募・お問い合わせは受付しておりません。