2019年

1月

16日

『4.20(sat).21(sun)「結いのおと」出演者発表‼︎(第五弾)』

もう察している方もいるかと思いますが、日付変わって今日は大安ですね!!

という事で、前置きはさておき「結いのおと」出演者発表‼︎(第五弾)いってみましょう!!

『4.20(sat).21(sun)「結いのおと」出演者発表‼︎(第五弾)』

4月21日(日)第2部出演者

平成元年、鳥取生まれのシンガーソングライター。

幼少期をロシアやイランで過ごし、帰国後は千葉県に移る。2013年よりギター弾き語りでライヴ活動を開始。

2014年、自主製作ミニアルバム『あけぼの』を発表。

2015年、レーベル『のろしレコード』の立ち上げに参加。

2016年には自主1stアルバム『たむけ』をリリース。その後は合奏(バンド)編成でのライヴも行う。

2017年8月18日には、合奏編成にて初のワンマンライヴとなる「合奏わんまん」を代官山 晴れたら空に豆まいてにて行い、チケットは完売。同日より合奏編成で録音した会場限定盤「なつのべ live recording H29.07.02」を販売開始する。

2018年1月17日、合奏編成による初のスタジオ作EP「ざわめき」をリリースする。

2018年2月より半年かけて、全国23箇所で弾き語り投げ銭ツアーを敢行し話題を集め、FUJI ROCK FESTIVAL 2018、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO、New Acoustic Campなど夏フェスにも多数出演することが決定する。そして、10月3日に最新作『平成』をリリース。リリースツアーは全公演完売となる。


独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせながら、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。その音楽性とライヴパフォーマンスから、宇多田ヒカルゴンチチ、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、伊集院光、小山田壮平(ex: andymori)、坂口恭平、寺尾紗穂らより賛辞を受ける。


折坂悠太うえぶ(Official Web):http://orisakayuta.jp/

折坂悠太(Twitter):@madon36(http://twitter.com/madon36

折坂悠太いんふぉ(Twitter):@orisakayuta(http://twitter.com/orisakayuta

折坂悠太ふぉと(Instagram):@orisakayuta(http://instagram.com/orisakayuta



EVISBEATS(エビスビーツ)
プロデューサー、DJ。和歌山在住。 
2008年にはアルバム『AMIDA』
2012年には セカンドアルバム『ひとつになるとき』
2018年にアルバム『ムスヒ』と『HOLIDAY』を発表。
 
Jambo Lacquer (ジャンボラッカー)
北大阪 服部緑地周辺。
RAP / POPPING / トラックメイカー
幼い頃から踊る阿呆。
自身の別名義BomJa Break(ボンジャブレイク)としてビートメイキング・楽曲Produceを行うNEOJAPANESE.
服部緑地集団WARAJIの一員としても活動する。
他に類を見ない歌うSOULRAPは一聴の価値あり。
ソロのリリース作品
「JL-EP」(2012)
「IRISHCREAM」(2013)
2016年には「SETTINGOFF」「POOL CASE」の2枚のAlbum & Inst EP音源をリリース。
老若男女ジャンルに収まらず幅広い層からの支持を受けている。
近年ではWARAJI×チプルソ×HCC主催の服部緑地野外フェス「エアコン」に毎年1000人を超える動員数でローカルを激震させている。
2017年以降は様々なアーティスト
EVISBEATS , Sweet William , YOTARO , NAO-K , ITTO , GeminisAzul , 唾奇 & HANG , 符和 , MAJESTIC TWO , DRAGON-P , GEBO & NICKELMAN 等との楽曲を発表し、各楽曲で話題を呼んだ。
2018年 満を持して実兄のキーボーディストMichel Punchと唯一無二兄弟バンド【MIIDA2】結成。
只今next.
MICHEL☆PUNCH (マイケル☆パンチ)
Keyboardist / Sound designer
幼少期より エレクトーンをはじめる。
A.S.P(Associate Social Piano)、 BAGDAD CAFE the trenchtownのキーボーディストとして大阪のシーンに登場して以来、数々のアーティストのツアー・サポートやレコーディングを行う。韻シスト・AKIOBEATS.. 2011年、DJ MIGHTYMARSとPUNCH&MIGHTYを結成。
自身のレーベルより 「ON THE CORNER」(2012)
「夜風に吹かれて / Perfect Day(7inc)」をリリース(2015) EVISBEATSのライブサポートを務め各地を巡る。現在も共に黙々良曲制作活動中。
2018年より実弟Jambo lacquerとの兄弟バンド 「MIIDA2」を始動。
@MichelPunch

《トレモノ プロフィール》
南国育ちならではの感性で、様々な音楽性をチャンプルーしたピースフルかつハートフルな音楽を届ける石垣島/西表島出身の4人組、アイランドポップ・バンド!!
SUMMER SONIC、GREENROOM FESTIVAL、Ocean Peoples、New Acoustic Campなど全国各地の大型フェスにも出演しライヴバンドとしての実力は高く評価される。
 2017年には地元沖縄県八重山郡竹富町の観光大使に就任。
また富士通 FMV「ずっと、あなたと。FMV」Web CMに書き下ろし楽曲「ずっと、あなたと。」「パズル」の2曲を提供したことも話題となる。
そして、7月にはキャリア初となるフルアルバム『island island』をメジャーデビューという形でワーナーミュージック・ジャパンよりリリース。                                                           
2018年7月にはNEW EP “Bye Bye Summer “をリリースし、オリオンビール「ZEROSTAR」のCM曲として楽曲を提供したことでも話題となる。


4月20日(土)結いの宴出演者

完全なる新人アーティスト。空想委員会というバンドでボーカルギターをやってきたが、2019年3月をもって活動を終了。これからどういう活動をしていくのか、多くの人が注目しているとかいないとか。新しい表現を現在構築中。
これで更に勢いが増してくる今回の「結いのおと」更なる展開にご注目ください‼︎
※チケット購入はコチラから→http://yuinote2019.peatix.com
 
 
 

2019年

1月

09日

4.20(sat).21(sun)「結いのおと」出演者発表‼︎(第四弾)

こんにちは。皆さま、お正月はゆっくり過ごせましたでしょうか?

そんな休暇も終わり、ようやく普段通りの稼働になってきたところですかね。

我々はずっと「結いのおと」に向けて全力ですw

という事でお待たせしました。

出演者第四弾発表!!

今回も最高なアーティスト5組の発表します☆

 

4.20(sat)21(sun)「結いのおと」出演者発表!!(第四弾)

4月20日(土)第一部出演者

●唾奇●
独特、奇妙、ナチュラルでハイ。シーン内外から定評のある彼の世界観は
時に徹底的なまでに冷徹であり、時に日向の様に暖かく聴くものを安堵させる。
対局の様な交わる事の無いそれぞれを絶妙なフィーリングでつなぎ合わせるのは
言わずもがな彼のゲットー育ちのバックボーンからなるリリシズムだ。
それはリアルな現実を生き抜き、自己を見つめる事を忘れず徹底したラフさを
身につけた彼以外は作り上げれ無いだろう。
2018年にはワンマンツアーを全国7か所で開催、全会場即完売するという偉業を成し遂げている。
SUMMER SONIC’18にも出演しており、今やHIPHOPシーンだけに留まらずその名を広め続けている。

 

 

chelmico(チェルミコ)とは、 RachelとMamikoからなるラップユニット。
2014年に結成し「chelmico」「EP」をリリース。
2018年にAlbum「POWER」でワーナーミュージックジャパン アンボルデよりメジャーデビュー。
HIPHOPという枠に捉われないPOPセンスと2人の自由気ままなキャラクターが、クリエイターからの注目を集め、CMやタイアップのオファーが殺到、音楽のフィールドを超え様々な方面で活動中。
http://chelmico.com/

 

 

Kie Katagi
京都出身。4歳よりピアノを始め、高校、大学と音楽学校に進み、海外などでも公演を行っているピアニスト/鍵盤奏者。
16年Schroeder-Headz、mabanua、関口シンゴ、Shingo Suzuki(Ovall/Hipnotics)が参加したピアノ・アルバム『Serendipity』でデビュー。
また、インストゥルメンタル・バンド、jizue(ジズー)の鍵盤奏者としても活動中。
jizueは、ジャズやポストロックをベースに、ダンスミュージックやミニマルの要素まで取り入れ、変幻自在で巧みな演奏能力が高い評価を獲得しており、その人気は日本のみに止まらず、カナダや中国で大規模なツアーを行なうなど世界中でファンを増やしている。

 

 

4月20日「結いの宴」出演者

音を旅する探検家。
地元は名古屋で、スケートボードやダンスをして過ごす。
アメリカ留学時にラップを始め、2008年よりサクラメントのローカルヒップホップクルー:WILD LIFEに所属。
2012年にはインド古典音楽にのめり込む傍ら、実験室に篭り地元名古屋のビートメイカーCAIBEATZとアルバム
"Timescale"、"Future Story"を発表。iTunesで発売され、好評を集める。
2014年に、帰国後、東京に移住。EVISBEATSとの共演で話題を呼んだ"SAMSARA"のPVを引っさげて、日本での活動を本格的に開始。
現在までに3枚のソロアルバムをリリースし、アーバンな環境で新たな表現法を模索中。
音楽のジャンルを崩してレゴのように再構築するのが趣味。納豆ごはんとビールがあれば生きていけると思っている節がある。(同時に飲み過ぎに注意したいと思っている。)

4月21日(日)第2部出演者

 

2008年に結成されたMCのアフロとGtUKからなる2人組。

結成 当初は、渋谷Familyや池袋Bedなど、HIPHOPクラブイベントをメイ ンにLIVEを行うが、生音でビートのない編成ゆえ出演者やオーディエ ンスから冷ややかな視線を浴びていた。こうした現場を通して屈強な 精神力を養う。 言葉から汗が滲み出る程に熱量を持ったラップ、そしてギター1本だから こそ際立つUKの繊細かつ獰猛なギターフレーズ。個々の持ち味を最大 限に生かす為、このMC×Gtという最小編成にこだわる。抽象的な表現 を一切使わず、思いの丈を言い切るそのスタイルとリリックは、賛否両 論を巻き起こしている。鬼気迫るLIVEはあなたにとって毒か薬か。雪国 信州信濃から冷えた拳骨振り回す。

http://moroha.jp/

 

 

 

これで早割チケット購入は決まりましたね。

あと数日で終わりますのでお早めにお求めください。

よろしくお願いします。

チケット購入はこちらから→https://yuinote2019.peatix.com/

 

2019年

1月

01日

新年のご挨拶とご報告

新年のご挨拶とご報告

明けましておめでとうございます。

私たち「結いプロジェクト」は2010年に活動をスタートして、今年で10年目。

結い市」については10回目の開催を迎える年となります。


健田須賀神社の境内から始まった結い市は、回を重ねるごとに、街全体へと 広がり、見世蔵、酒蔵、空き店舗などを会場に、マルシェ、アート、ライブ イベント等様々な活用を試みる事が出来るようになりました。

 

そういった活動を理解し、応援して下さる街の皆様。私たちのコンセプトに 共感し、参加して下さる出展者の皆様、アーティストの皆様。沢山の方のご 理解、ご支援により、この10年間の活動を続けてこられました。

そして人と街を結び、結城の潜在的な価値を発掘、発信、発展へと繋げていくことができました。

そして10年目を迎えた今。
私たちには、これまでぼんやりと、こういうことが必要だ、けれどもまだ難しいと感じられていたたくさんのことが、これからやるべきこと、やることとして、はっきりと見えています。

 

それらを実現していくために、私たちは10年目を節目として、「結い市」「結いのおと」を今年の開催をもって一区切りとする事 を決心しました。

 

この決断は、これからの10年を創っていくための前向きな決断である事を、どうかご理解ください。大きなイベントとしての市・音楽フェスは今年で一旦終了しますが、その後には、これまでの活動を通して生まれたたくさんの縁を確かなものへとしていく、新しい事業展開を予定しています。

 

4月に開催する6回目の「結いのおと」、そして10月に開催する10回目の「結い市」、 どちらも最高のものにしていきます。

 

私たちがつくっていく素晴らしい未来に立ち、あとから振り返ったとき、終わりではなく、ここからはじまったと誰もが思い出すような、濃密な時間をつくりあげていきたい と思います。

どうぞ皆様、今年もよろしくお願いします。

 

結いプロジェクト一同

 

 

4.20(sat)21(sun)『結いのおと』先行チケット販売(web限定)開始しました

 

そんな『結いのおと』も後悔の無いようにやりきりますよー

の展開にご期待くださいませ☆

 

さぁ、元旦から数量限定の早割チケット(web限定)が始まりました。

2週間で数に限りがありますのでどうぞお早めにお求めください!!

 

※お求めは下記のバナーをクリック!!!

 

 

 

 

第三弾までのラインナップの日割りは以下の通り。


 

-Ticket-
【早割】※1/1より1/14まで
通し券:9,000yen  第1部・第2部:各5,000yen 結いの宴:1,500yen
【前売り】 1/15より販売
通し券:10,000yen 第1部・第2部:各5,500yen 結いの宴:2,000yen
【当日】  (※前売り券が残った場合のみ)
通し券:11,000yen 第1部・第2部:各6,000yen  結いの宴:2,500yen

※通し券は第1部.第2部のみ入場可。
※小学生まで入場無料(※但し保護者同伴)

- Play guide-
Web:1月1日よりPeatixにて販売開始(http://yuinote2019.peatix.com)
チケット:1月15日より結いプロジェクト事務局、各会場・協賛店舗にて

-Artist-

4.20(sat)

【第1部】11:00~18:00
 U-zhaan×環ROY×鎮座dopeness/Sihng02/ mabanua/Akeboshi /とけた電球…and more!

【結いの宴】18:00~20:00

Coming SooN...!

 

4.21(sun)

【第2部】11:00~19:00
SANABAGUN. /田我流/Port of Notes/Phoka /SIRUP/WHALE TALX×annie the Clumsy/
ビューティフルハミングバード …and more‼︎


-Info-
結いプロジェクト事務局:0296-33-0073(平日9:00~16:00)
※各会場へのお問合せはご遠慮ください。
Mail: info@yuiproject.org 

HP:http://www.yuinote.jp/

よろしくお願いします!!