2020年

4月

01日

4.18sat19sun『結いのおと』開催可否について

このたびの新型コロナウィルスに罹患された皆様と、感染拡大により生活に影響を受けられている地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

結いのおと2020」開催に可否の最終判断について皆さまにお知らせいたします。

現在も感染症の感染拡大、危険性が危惧されている状況です。開催地の茨城県でも対策として、殊に社会活動の制限を最小限にしつつ、疾病のまん延を最大限防止するための対応についても全国からの来県者が想定される大規模イベントについては、中止,延期,規模縮小等の対応を行っております。

こうした現状を踏まえながらも、当方としては感染防止の対策をしながら開催すべく、これまで準備をしていました。


ただ最終的には、全ての人たちの安全性を優先に考え、そしていま開催する事で満足してもらえる内容での開催ができるのか?
慎重に検討を重ねた結果、4月18日(土)19日(日)開催を予定していた「結いのおと2020」イベントを下記の日程で延期させていただくこととなりました。

 

【延期日程】
2020年4月18日(土)19日(日)→2020年10月17日(土)18日(日)

 

なお、チケット払戻しにつきましてこの後HPにてご案内させていただきます。
https://www.yuinote.jp/

 

世界中がこの危機的状況を乗り越え、秋には更に充実したイベントとして開催させていただく所存です。
皆さまには大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。


2020年4月1日
結いのおと実行委員会

 

2019年

12月

21日

街なか音楽祭『結いのおと2020』出演者発表!!(第二弾)

街なか音楽祭『結いのおと2020』出演者発表!!(第二弾)

日付変わりまして本日21日は大安吉日ですね。

という事で出演者発表!いってみましょう!!

今回も素敵なアーティストの皆さまにご協力いただきました。



ミツメ
2009年、東京にて結成。4人組のバンド。 
2019年4月にアルバム「Ghosts」をリリース。
 国内のほか、インドネシア、中国、台湾、韓国、タイ、アメリカなど海外へもツアーを行い、活動の場を広げています。
オーソドックスなバンド編成ながら、各々が担当のパートにとらわれずに自由な楽曲を発表し続けています。
そのときの気分でいろいろなことにチャレンジしています。

田我流(でんがりゅう)
山梨県笛吹市一宮町出身。趣味は釣り。尊敬する人は松方弘樹。高校1年でHiphopに出会い、リリックを書き始める。2004年に地元の幼馴染とラップグループ=stillichimiyaを結成し、2008年にファースト・ソロ「作品集~JUST~」を発表、2012年4月に発表したセカンド・アルバム「B級映画のように2」でその評価を確固たるものにする。2015~16年はバンド・プロジェクト「田我流とカイザーソゼ」として数々のライブをこなす。その頃から更なる音楽性の向上の為、Falcon a.k.a. Never Ending One LoopとしてBeat Makeも始める。野蛮さと繊細さを兼ね備え、アッパーな楽曲からコンシャス、叙情的な楽曲まで幅広く乗りこなす作詞力と音楽性、ガツガツと畳み掛けるエモーショナルなライブパフォーマンスには定評がある。4月に自身の原点回帰を計るべく新しいプロデューサー陣と制作した待望のサード・アルバム「Ride On Time」を発表、11月には自主企画ライブ"Big Wave"を成功させ、KMとのEP「More Wave」を発表した。

思い出野郎Aチーム
2009年の夏、多摩美術大学にて結成された8人組のソウルバンド。
2015年、mabanuaプロデュースによる1stアルバム「WEEKEND SOUL BAND」を、2017年に2ndアルバム「夜のすべて」、2018年には初のEP「楽しく暮らそう」をリリース。
そして2019年、待望の3rdアルバム「Share the Light」をリリース。
Negicco、lyrical school、NHKの子供番組「シャキーン!」への楽曲提供、ドラマ「デザイナー 渋井直人の休日」のオープニングテーマ担当や、キングオブコント2018王者のハナコの単独ライブにジングルと、エンディングテーマ「繋がったミュージック」を提供、メンバーそれぞれがDJ活動を行うなど、多岐にわたって精力的な活動をしている。

TENDRE (テンダー)
ベースに加え、ギターや鍵盤、サックスなども演奏するマルチプレイヤー、河原太朗のソロ・プロジェクト。Yogee New Waves、Ryohu、sumika、Chara、SIRUPなど様々なバンドやアーティストのレコーディングやライブに参加し、共同プロデュースなども務め、その活動は多岐に渡る。2017年12月にTENDRE 名義での6曲入りデビュー EP 『Red Focus 』をリリース。同作がタワーレコード “ タワレコメン”、 HMV“ エイチオシ ” 、 iTunes “NEW ARTIST” 、 スペースシャワー TV“ ミドルローテーションに選ばれるなど、各方面より高い 評価を獲得。 2018 年10月には、tofubeatsによるリミックスも話題となった配信限定シング ル『RIDE 』を含む1st アルバム『NOT IN ALMIGHTY 』をリリース。
2019 年4月/5月と連続してシングル『 SIGN 』『CHOICE 』をリリース。前者はオ ーストリアのスポーツサンダル・ブランドTevaとコラボレーションした MVも話題を集め、その楽曲はJ-WAVE”TOKIO HOT 100” で最高位4位を記録。また、 Hondaが手がける”旅×バイク”の新プロジェクト のテーマソングとして新曲『ANYWAY』が起用されるなど、その注目度は益々高まっている。 
2019年はARABAKI ROCK FES 、 VIVA LA ROCK 、 GREENROOM 、 FUJIROCK FES 、 RISING SUN ROCK FES 、 SWEET LOVE SHOWER 、Local Green Room、sunset live、CDJなど国内の主要フェスにも軒並み出演を果たした他、同年6月に開催された東名阪のワンマン・ツアーは追加公演を含む全公演がソールドアウト。続く、新作『 IN SIGHT – EP』のリリース・ツアーも同じく追加公演を含む全公演がソールドアウトするなど今後の活躍が益々期待されている。

大学から始めたアコースティックギターに夢中になり、instagramでカバー動画を投稿するようになり、約一年半でフォロワー3万人を突破。2018年12月にBASI feat.唾奇の「愛のままに」のカバー動画を投稿したのをきっかけに、HIP HOPをアコースティックギターでカバーすることが注目され、2019年2月にYoutubeに投稿した「愛のままに」のカバー動画は現在135万回再生(2019年12月現在)を突破している。ライブ活動も精力的に行い、BASIや空音などの作品に参加。またBASIのリリースツアーにもコーラス/ギターで参加。オリジナル作品を鋭意制作中。

これだけで十分すぎるラインナップですが…まだまだ控えていますよv 
こんな素敵なアーティストが結城の街なかを舞台に繰り広げられる唯一無二の音楽祭!
今回も期待以上のイベントにしますので、今後ともご期待くださいませ☆
【出演ラインナップ(12/21現在)】

 

2019年

12月

15日

街なか音楽祭『結いのおと2020』出演者発表(第一弾)

街なか音楽祭『結いのおと2020』出演者発表(第一弾)

日付が変わって15日(日)大安吉日です。
という事で皆さんお待ちかねの出演者発表しちゃいます!
今回も豪華ラインナップでお届けしますv
それではいってみましょう!!!

KID FRESINO
1993年生まれ26歳。埼玉出身のラッパー、トラックメイカー、DJ。
JJJ、Febb とともに結成したヒップホップ・ユニット”FlashBackS”として活動。2013 年『Horseman’s Scheme』でソロデビュー。
NYでの活動期間を経て、現在日本に活動拠点を戻す。
C.O.S.A.とのWネームアルバムのリリース、バンド編成での楽曲制作/ライブ、パーティー『Off-Cent』を始動させるなど、フリーフォームかつジャンルにとらわれない柔軟な活動に注目が集まっている。

NABOWA
京都を拠点に活動している4人組インストゥルメンタル・バンド。2019年4月に発売した「DUSK」を含め、現在までに6枚のアルバムをリリース。
国内外大型フェスへの出演や、近年は、台湾3都市ツアー、香港ワンマンを行うなどライブアクトとしてアジアでも高い評価を獲得している。
Member| YU KAWAKAMI (drums | piano), KANADE KAGEYAMA (guitar), HIRAKU YAMAMOTO (violin), ITARU HORIKAWA (bass)


どーですか?今回も間違いない3組のアーティストから公開しました!!
軽くジャブからスタートできない主催の全力なブッキングですw
そんな間違いない『結いのおと2020』お楽しみにv