2013年

3月

21日

結城のひなまつり(まとめ編)

こんにちは!メンバーのノグチです。
連日吹き荒れるの春の嵐。。。

本当に凄いですね~ 

そんな雨ではなく、春の嵐が吹くごとに段々と春めいてきましたね。
さて、今日はかなり日にちが経過してしまいましたが、今年も3月3日をもって幕を閉じた

「結城のひなまつり」についてご報告いたします。
今年も沢山の方達に結城の街を訪れていただきました。

 

 

2月16日から始まったイベントですが、今年も街なか50か所にひな人形を展示、うち19か所に設置したスタンプラリーを実施しました。
初日には結城のゆるキャラ“まゆげったくんも結城のひな巡りを楽しんでいましたよ。
そんなスタンプラリーも今回は200人以上の方にご参加いただき嬉しい限りです。
参加者のなかには87歳というご高齢の参加者もいらっしゃいました☆
プレゼントの発表についてですが、厳正なる抽選の結果20名の方に発送させていただきました。
沢山のご参加ありがとうございました!!

 

また今年の「ゆいのわ」では例年同様、結城紬の端切れを使った紙雛づくりワークショップ

週替わりCAFEそして“きのした みちこ”さんによる手拭いを使った3種類の和小物づくりワークショップを実施していただきました。

 

今年も紙雛ワークショップは子供に大人気でした!

我々メンバーも子供達の手先の器用さに驚かされたり、兄弟が作ったお雛さまにそれぞれの個性を感じたり・・一緒になって時間を過ごしました。

じっくり時間をかけて作った結城紬のお雛様。皆さん満足そうに持ち帰ってくれました☆

 

そして3月2・3日に開催された、きのしたさんの和小物づくりワークショップも当日を楽しみに来ていただいた方もいて大変賑わいました。

(左の画像は手拭を使ったミニ半纏づくりワークショップの様子)

 

またこの週はケーキミルトスまま'sカフェさんとJoycecafeさんに日替わりで来ていただき、美味しい飲み物を提供いただきました。

 

 

 

勿論、そんなWSの盛り上がりも良かったですが、作品の展示も素敵でした☆

 

その他にも来訪者へのおもてなし会場として「ひな巡りおやすみ処」を旧黒川米穀店の蔵に開設。
豪華仕様のお雛様と街の方たちと作ったつるし雛を飾り付け、来場者には甘酒をふるまいました。
また今年はNPO法人まちづくり研究会(略称:まち研)の皆さんのご協力のもと、お餅つき体験とつきたて餅の無料配布も実施。
お年寄りから子供まで一緒になって協力してついた、つきたてのお餅の味は格別でした!

皆さんの笑顔が何よりの証拠ですね。

今年も最終日の3月3日まで沢山の方にゆうきの雛まつりを楽しんでいただき、

無事終える事ができました。 ありがとうございました!!
ひな人形で彩られた街並みも素敵でしたが、普段の街並みもまた風情があっておススメです。
ぜひまた結城の街にお越しください☆