2012年

1月

25日

冬の奥久慈 自分とむきあう旅ごころin大子町

こんにちは。

メンバーのイイノです。

 

今年最初の結いプロは、

いばらき旅のストーリー 旅のCAFE vol.3

冬の奥久慈 自分とむきあう旅ごころ

に参加する為、メンバー9名で大子町にいってきました。

 

全員ではないけど、結いプロメンバーでこうして出かけるのは初めて。

すっかり旅気分で参加してきました☆

(あとから考えるとこうした自然な気持ちで参加できてよかったと思う。)

 

結城から大子までは、車で約2時間。

ひたすら山道を走りました。

 

思っていたよりも早く到着。

ワークショップまでの時間を利用して大子を探索することに。

 

向かったのは、NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」のロケ地となった、

旧上岡小学校(うわおかしょうがっこう)です。

 

木造校舎の佇まいが素敵です。

校舎の中は、机や椅子だけでなく、

音楽室の楽器や、教室の時計や照明器具が

当時の面影を残してありました。

そして、なによりも嬉しかったのは、

施設を案内してくれたお母さん。

 

丁寧に説明してくださるだけでなく、

お土産にどら焼きまで頂きました。

 

ごちそうさまでした!

 

 

お昼は勿論しゃも料理☆

 

しゃも鍋・しゃも飯だけでなくしゃもカレーにしゃも饅頭、そしてしゃもバーガー。

 

迷いに迷い、選んだのは、しゃもの石焼き親子丼。

お焦げ具合も最高の一品。

ボリュームも申し分ないです。

 

あまりの美味しさに時間を忘れ。。

気が付くつとワークショップの時間。。。

 

慌てて向かったのは、

今回旅のCAFEの会場となっている

奥久慈レストラン Lutin(リュタン)さん。

 

会場につくやいなや

さっそく林檎の木の枝切りのワークショップに参加。

 

林檎に栄養がきちんと巡るよう、

この時期に枝を選定して、悪い枝を切り落としていくそうです。

 

良い枝と悪い枝の違いや、

枝の切り落とし方を教えて頂き早速挑戦することに。

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな夢中です。

 

山々に囲まれた大自然に圧倒されながら向かった会場リュタン。

 

そこでの体験は、林檎の枝という、とても小さな自然とのかかわり。

 

そして、林檎を通して知ることのできた大子。

 

大子の魅力が凝縮された体験がここにはありました。

 

 

そして。。

 

切り落とした枝をたき火にし、

その火で焼き林檎作り。

 

あつあつの焼き林檎にアイスクリーム&シナモンがけ。

 

最高のおもてなしに、心もお腹も満たされました。

本当においしかったです。

ごちそうさまでした!!

 

 

そして、トークセッションを通じて、

大子の魅力を意見交換。

トークは、そこから引き出された魅力をどう伝え、発信していくかというテーマに。

 

トークセッションが終える頃には、あたりもすっかり暗く。。

 

本日ラストにてメインイベントライトアップされた袋田の滝ツアー!!へ

 

 



凍った滝は、時が止まっているかのよう。。

自然のすごさに、ただただ感動。

圧巻です!!

 

ライトアップは平成24年 1月29日(日) の土・日・祝日まで。

今週末の土日がラストチャンスです!!

一見の価値ありっ!!

 

 

今回参加して感じたことは、

そこを訪れた者に、

その町やその場所のすばらしさや魅力を伝えるには、

そこに住む者、関わる人がどのように伝え、そっと教えてあげられるか、

そういったおもてなしがすごく大切で、

 

上岡小学校でも、リュタンでも、袋田の滝でも、

訪れた私たちをやさしく向かい入れ、

すごく身近なものとして安心感をもって

大子を感じることが出来ました。

 

同時に結城でも、同じようにおもてなしの心を持って

結城の良さを教えてあげることが

すごく大切なんだと実感する一日でした。

 

また、いばらき旅のストーリーを通して、

茨城を愛する方々と出会い、訪れ。

すごく身近なものとして茨城を感じるようになりました。

 

さあ。温泉入って!!宴会!!!

って行きたいところですが、

一同は大子を後に。。

 

また遊びに行きます!