2011年

9月

21日

【結い市】神楽殿ステージ・ライブ出演者のご紹介(その2)

おはようございます。気がつけば結い市開催まであと一ヶ月に迫ってきました。

たくさんの仕掛けを計画しているので、スタッフ一同、準備におおわらわです。

 

前回の記事に続いて、神楽殿ステージで演奏を披露する2組のアーティストをご紹介します。

 

 

大久保かおり

バンドネオン弾き

バンドネオンでありながら、タンゴにこだわらず

ジャズミュージシャンと演奏を続ける大久保かおり。

自身リーダーのバンド「bando-band」の活動を進める一方で

ソロやデュオなどで、色々な場所、建物、空気の中で

音を出してみる。場と音で関わる事に興味がある。

オリジナル曲やスタンダードナンバーなども演奏。

タンゴとは違ったバンドネオンが発見できる。

1stアルバム「bando-band 1st」発売中。

websiteにて視聴できます。

イラストレーターとしても活動中。

HP:http://www.kaoneon.com/

 

イリテナ

●君嶋一浩(インディアン・フルート)

1995年、バリ島にてSuling(スリン)と呼ばれる竹笛に出会う。

気持ちの中で清明の感溢れ、風のように吹いてみたい、と気が高まる。

以後、バリ音楽のトラディショナルグループ、

前衛的インプロヴィゼーショングループなどを経た後、

Native American Fluteを新しい相棒に加える。

現在は、環境保全活動と音楽製作を気持ちの真ん中に置いて浮遊しつつ

イリテナ(IRITENA)として活動中。 

 

●久松富士夫 (打楽器)

1965年生まれ、足利市在住。職業、植木屋。

2004年アフリカンドラムに出会い、太鼓を始める。

2006年 、世界の音楽の大きな2つ源流である西アフリカとケルト圈を旅する。

現在音楽のあらゆる可能性を追求すべく日々探索中である。

NPO渡良瀬エコビレッジのスタッフで構成されるイリテナ・バンドにて活動中。 

 

●柳澤隆弘(ウッドベース)

世界放浪の末、岩舟町で有機農家になる。まるねこ農園の主人。

現在、ガガンボとpapaピーマンというバンドで継続的に活動中。佐野市出身。

 

 ●小池隆夫(打楽器)

1981年生まれ、結城市出身。古河市在住のグラフィックデザイナー。

 

HP:ameblo.jp/iritenatena/