2011年

7月

12日

商店街活性化コンペ事業公開プレゼン

こんにちは。

イイノです。

 

平成23年度茨城県商店街活力向上支援事業

商店街活性化コンペ事業公開プレゼンテーション

が水戸でおこなわれ、結いプロジェクトも参加してきました。

 

27団体応募の中、一次通過12団体

その中から、

最優秀プラン1団体 優秀プラン6団体

が選ばれ

 

結いプロジェクトは見事

 

優秀賞を頂きました☆

 

ありがとうございます!!

 

 

結城の“結”の文字をキーワードに

結成した“結いプロジェクト”

 

繫がって広がって、

沢山の個性的なメンバーが増え。

 

それぞれがもっている魅力を発揮し、

みとめ合い共有できる。

 

数珠繫がりに広がった縁は、

やがて大きな輪をつくる。

 

結成1年。

チームの成長を感じることができた素晴らしい一日でした。

 

本当に人に恵まれてますね。

 

全体の感想としては、

色々な団体が増えたということ。

 

結いプロもそうですが

単に商店街の集まりだではなく、

デザイナーから商店街の奥様方まで

ほんと色々な方々が応募したコンペだったと思います。

 

みなさんそれぞれに思いがあって、

試行錯誤したすばらしいプランでした。

 

審査結果を経て思うことは、

 

1つに 各団体の位置づけ。

どんな思いをもった団体で、どんなことを考え活動しているのか。

 

1つに 自分たちのできることから、どんなアイデアが生まれたのか。

 

関心させられるような革新的なプランから、

ほっこりする温かいプランまで。

 

プランのすばらしさはもちろんですが、

プランにいきつくまでの過程や、

プランを実行するための団体かどうか、

そういった点が評価の対象だったと思いました。

 

最優秀プランに選ばれた、

大子町の商店街のお母さん達。

 

商店街のお母さんたちが手を取り合って、

自分たちの街を良くしたいっていう姿に

あたたかい気持ちと新鮮さを感じました。

 

最優秀プラン選ばれなかった悔しさも忘れて、

お母さんたちの喜びの笑顔に、もらい泣き。

 

本当におめでとうございます。

 

いよいよ忙しくなりますね。

がんばりましょう。