2011年

2月

04日

空き店舗活用計画~柿渋編~

こんにちは。

メンバーのイイノです。

空き店舗の改装計画もいよいよ大詰め。

 

今回の作業はこれ。

柿渋(かきしぶ)です。

 

柿渋は、渋柿の未熟な果実を粉砕、圧搾して得られた汁液を

発酵・熟成させて得られる、赤褐色で半透明の液体です。

 

古くは平安時代から使われてきた塗料。

発酵によるに臭いがきつく、悪臭がひどいそうですが、

購入したのは、無臭のもの。

色々改良を重ね無臭ものもができたようです。

 

柿渋は、一度塗っただけでは殆ど色がつかず、

何度か塗り重ね

年月をかけて日が当たり乾燥すると

だんだん色が濃くなっていきます。

 

 

まさに結いプロジェクトがこの空き店舗にかける思い。

この場所を通して、様々なことを発信し、

少しずつ色濃くなっていきたいですね。

13日から始まる結城もひな祭り。

 

空き店舗で催される

作家さんによるワークショップもまだまだ

受付けしていますので、是非ご参加ください。

 

→→結城もひな祭り

 

 

以下参加する作家さんの作品です。

ムトウセッカさん

 

 

 

 

 

江連判子店さん

 

 

 

 

 

RICOさん

 

 

 

 

 

どうぞご参加ください。